『NPOひかり』は、福祉施設利用者の保護者の皆さんが中心となり、「親亡き後」をしっかりと見守るべく、法人による成年後見事務(身上監護・財産管理)を目的とし、平成17年に設立されました。平成12年に民法が見直され成年後見制度が成立してから15年が経過しました。

 法人成年後見事務所として今年で10年となり、受任者数も40名を超えました。現在、身上監護・財産管理の後見事務支援を理事(運営会員)の協力を得て行っています。

 施設・居宅(ケアホーム)等に2か月に1回の本人面談・訪問を重ねて、要支援者(被後見人)の生活を見守り、本人に代わってのサービス契約・各種手続き・費用支払を行なっているところです。

 成年後見制度は、判断能力が不十分な人を法律的に保護し、支えていく制度です。後見人には本人の親族や法律・福祉の専門家等の個人が選任され財産管理、年金管理、身辺監護等の後見業務を行います。ですが、「NPOひかり」は、ボランテイアの保護者・運営会員の集団です。「親身になって・・支援」は強味でもあります。併せて、成年後見人研修を修了した社会福祉士が今年から3名加わり 、より良い後見支援を展開していくものと期待されているところであります。

 前鈴木代表と変わらず、今後ともご指導の程お願い致します。     

                    平成27年6月1日

                    代表 岡田 和夫