本文へスキップ

 

法人の足あと

薄光会沿革

         
年 月 内容
昭和51年 6月 千葉県内在住の重度知的障害者の親達で、成人施設を作る会を発足させる。
昭和54年10月 社会福祉法人の認可を得る。
昭和55年 7月 (財)日本船舶振興会、千葉県その他の助成により、知的障害者更生施設「豊岡光生園」定員40名を建設し開園する。
昭和60年 3月  (財)日本船舶振興会、千葉県その他助成により豊岡光生園を増設し、定員60名とする。 
平成 2年 6月  (財)日本船舶振興会、千葉県その他助成により知的障害老人と痴呆老人のための特別養護老人ホーム「三芳光陽園」を建設し、定員50名、ショートステイ4名で開園する。 
平成 6年 4月 特別養護老人ホーム「三芳光陽園」デイサービス事業を開始する。 
平成 6年12月  三芳村勧修院に薄光会の墓所を整備する。 
平成 8年10月  国及び千葉県等の助成により知的障害者通所更生施設「鴨川ひかり学園」を建設し、定員30名で開園する。 
平成16年 4月  国及び千葉県等の助成により知的障害者通所更生施設 「湊ひかり学園」および「デイサービスセンター湊ひかり学園」を建設し、「湊ひかり学園」定員20名、「デイサービスセンター湊ひかり学園」定員15名で開園する。
平成17年 4月  デイサービスセンター湊ひかり学園において、児童デイサービスを定員10名で開始する。
平成18年10月 デイサービスセンター湊ひかり学園から地域活動支援センターへ移行する。 
平成18年12月  障害者の地域での生活を支援するため、千葉県からの助成により富津市海良に共同生活介護事業所「COCO」を定員6名で開設する。 
平成19年 3月  日本財団からの助成により三芳光陽園の改造、改修を行う。 
平成19年12月  富津市豊岡の職員寮を改造し、共同生活介護事業所「MOMO」を定員6名で開設する。 
平成20年 4月  千葉県の補助金をいただき、富津市湊に自立生活訓練棟「のどか」を開設し、定員5名で重度知的障害者の自立生活訓練を始める。 
平成21年 1月  千葉県の補助金をいただき、豊岡光生園に作業棟「Try&Dream上郷」を建設する。 
平成21年 4月 旧東京電力湊営業所を賃借し、生活介護事業所「太陽(ひ)のしずく」を開設する。あわせて、法人本部機能も移転する。
自立生活訓練事業を終了し、ケアホーム「のどか」定員6名で開設する。
ケアホーム「勝手の家」定員4名、「ほのか」定員6名、「あけぼの荘」定員6名を開設し、ケアホーム6棟体制となる。
平成21年 7月  相談支援事業所「相談支援センター天羽」を開設し、富津市より相談支援事業の委託を受ける。 
平成24年12月 豊岡光生園改築改造工事が着工する。 
平成25年 5月 安房圏域の共同生活介護事業所「ひなたホームズ」が県に認可され、千倉町に「おくにあん」定員4名で開設する。 
平成25年12月 鴨川ひかり学園生活介護事業を定員40名に、太陽のしずく生活介護事業を定員35名に増員する。 
平成26年 4月 豊岡光生園改築改造工事が完了し、全室個室7ユニットの事業所として竣工する。 
平成28年 4月 太陽(ひ)のしずくにおいて放課後等デイサービス「チームどろん子」を定員10名で開始する。湊ひかり学園の「クレヨン」と合わせて2事業所となる。

社会福祉法人薄光会

〒299-1607
千葉県富津市湊1070−3
TEL 0439-67-3711
hakukou@hakukou-kai.or.jp